テレビを見るために必ず必要なもの

2011年にアナログ放送が終了し、地上デジタル放送に完全に移行しました。その地上デジタル放送を見るためには、地デジアンテナの設置が必ず必要です。

地デジアンテナの取り付けは特殊な工事となる点に注目!

新居へ引っ越した場合なども地デジアンテナの取り付けが必要になるため、自分で工事を行いたいという人も多いです。しかし、取り付けは建物1つ1つに合わせた特殊な工事になるため、専門業者に依頼するのが良いでしょう。

[PR]地デジアンテナ工事の業者を紹介中!
料金の目安を確認しよう

[PR]地デジアンテナ工事を依頼
最長5年間の保証付き!

地デジアンテナは種類を選んで業者に取り付けてもらおう

男女

地デジとは

地デジとは、地上デジタルテレビ放送の略語のことです。2003年にアナログ放送から地デジ放送への移行が開始され、2011年には完全移行となりました。ゴーストと呼ばれる映像や音声の乱れが改善されて、より快適な視聴が可能となっています。その他にも、字幕放送が標準機能として搭載されたことで障がいを持つ人も安心して使えたり、番組と連動した情報が見られるデータ放送によって天気を確認出来るなど、便利な機能が大幅に増えました。

地デジアンテナ工事が必要になるときとは

地デジアンテナは、建物によって細かな調整をしながらの設置と利用が必要なため、引っ越しをした場合は取り付け工事をしなければなりません。また、アンテナが既に取り付けられていたとしても、電波が届きにくいと感じることが多ければ調整工事を行いましょう。設置してから長期間が経ち、アンテナの強度に不安が出てきたら、点検や工事が推奨される場合もあります。

地デジアンテナの種類

一口に地デジアンテナといっても、その種類は多岐に渡ります。一般的に屋根の上など、屋外に設置されることが多いですが、電波の入りが良い地域で、テレビ視聴に不備がない場合は室内に置き型のアンテナを設置することもあります。屋外に取り付けるタイプでも、骨組みのような形をしたUHFアンテナと、シンプルなデザインで外観に合いやすいデザインアンテナの2種類にわかれます。

ニーズによって地デジアンテナを選ぼう

自分にどのような地デジアンテナが適しているかを理解した上で商品を選びましょう。室内型と屋外型では値段に大きな差が出ます。また、取り付けた時の見た目の良さや丈夫さなどそれぞれに特色があるため、よく比較をすることが大切です。

広告募集中