テレビ放送を楽しむためにも地デジアンテナを設置しよう
ロゴ

anntena

データ放送を視聴するために~地デジアンテナ以外に何が必要?~

テレビをもっと楽しもう

地デジ放送に移行したことで様々な機能が標準搭載されましたが、全てを使いこなせている人は少ないです。テレビ視聴をより楽しむために、データ放送や字幕機能など、機能について簡単な知識を持つと良いでしょう。

地デジとデジタル衛星放送の違いとは?

電波の届く範囲が狭い

地デジアンテナ設置工事の繊細さからも分かるように、地デジ放送の電波は届く範囲が狭いです。そのため、日本各地に放送局が設けられており、スムーズな視聴のための工夫が必要です。

広範囲に届く電波

デジタル衛星放送の特徴は、電波が届く範囲が広いところにあります。放送局から発信された電波は1度人工衛星まで届けられ、そこを中間地点として各テレビに届いています。

テレビ放送を楽しむためにも地デジアンテナを設置しよう

アンテナ

地デジアンテナ設置に必要な部品

設置工事を行う際には、地デジアンテナ本体以外にも様々な部品が必要となります。本体を支える支線ワイヤーや、固定器具はアンテナを丈夫に長持ちさせるためにとても重要です。2台のテレビに同時に電波を届けたい場合には分配器やケーブルも必要になります。また、家庭によって異なりますが、遠い地域の地デジ放送を視聴したい時にはブースターという部品で電波を強化しなければなりません。

地デジアンテナ設置にかかる時間

地デジアンテナの設置工事の目安は1時間〜2時間程です。生活する上で行う他の工事と比べると時間がかかるように感じますが、ただアンテナを取り付けるだけではなく建物に合わせた最適工事が必要なため、決して無駄な時間ではありません。

引っ越しシーズンは業者も混雑

引っ越しが多く行われる春先には、新居への地デジアンテナ設置工事やテレビの購入が大幅に増えるため、専門業者のスケジュールも混み合ってしまいます。1つの工事に比較的時間がかかるため、一旦混み合うと予約が取りにくくなることが多いです。

早めに見積もり・依頼するようにしよう

業者のスケジュールが混み合う春先の工事を予定しているならば、出来る限り早めに見積もりを取り、工事の依頼をしておくと良いでしょう。一旦混み合うと、引っ越しシーズンが過ぎるまで予約が取れないこともあり、テレビが視聴出来ず不便を感じるケースが多いです。

広告募集中